Windows用画面キャプチャリングツールCapture It!PROとCapture It!ツールバーに関する情報や活用術をお伝えします。


by CaptureIt
Capture It! PROがバージョンアップします
Capture It! PROがバージョン4.1から4.2にアップすることになりました。
リリースは1ヶ月後くらいを予定しています。

今回のバージョンアップでは

●マルチモニタに対応
 ツールバーでは対応済みのマルチモニタでのキャプチャリングを製品版でも対応します。

●指定サイズ矩形内のズームキャプチャ
 指定したサイズに収まるよう、キャプチャリング対象を拡大・縮小して切り取ることができます。

●スナップショットのモード切り替え
 フルスクリーンとカレントウィンドウ、マウスポインタの取り込みの有無などが
 簡単に切り替えられるようになります。

●スナップショットタイマーにURL指定を追加
 指定URLを指定時間に切り取る機能を追加します。

以上を予定しています。

詳細はまたあらためてお知らせしますね。

Capture It! PRO体験版 ダウンロードページへ
[PR]
# by captureit | 2009-03-26 16:21 | 新着情報
キャプチャーイットツールバーってどんな時に使うもの?
f0111950_1939713.jpg


キャプチャーイットツールバーってどんな時に使うものなんでしょう?たとえば私はこんな時に使ってます。

1.とりあえず保存する必要がある画面を取る
 ネットでなにか購入したり申し込んだりすると「この画面を印刷して大切に保管してください」って表示に
 よく出会います。
 印刷だと紙がもったいないとか誰かに見られそうとかいろいろ面倒なのでワンクリックで保存してます。
 ネット上で何かの作業の途中経過なんかを記録しておくのにも便利です。

2.画像と説明をひとまとめにとっておく
 ネットで見かけた記事や画像とその説明をひとまとめにキャプチャーしておくと整理するのにも
 けっこう便利です。

3.Web魚拓のように使う
 ブラウザーごとキャプチャーしておけばURLなどもそのまま、ファイル名に日付が入っているので、
 いつの何のページかも一発です。

4.あとでじっくり読むために
 長いページもとりあえずスクロールキャプチャーで撮っておいて後でじっくり読む。
 必要な部分だけ撮るのも自由にできます。

5.報告書用に記録する
 なにか見つけたらとにかくキャプチャー、検索順位なんかの変化もがんがん記録できます

思いつくままちらっと書いてみましたが、公私ともに日常の作業に必要不可欠になってます。
とにかくブラウザーを使う機会が多いので無料のツールバーだけでもかなり使えますが
製品版だとさらに便利なんです。
こちらのページもぜひ見てみてくださいね!

キャプチャーイット! ツールバー
キャプチャーイット!PRO ツールバー
仕様比較
f0111950_19394070.jpg

[PR]
# by CaptureIt | 2009-03-19 19:40 | 便利な使い方・ツールバー
ツールバーのインストール、スクロールキャプチャについて(トラブルシューティング)
以前、記事の中でお伝えしたこともありますが、今回は、ツールバーのトラブルシューティングをまとめてご紹介します。


●インストールしたのにツールバーが表示されない

ブラウザのツールバーが表示されるエリアで右クリックして、メニューの「Capture It!」(または「Capture It PRO」)にチェックマークがついているかどうか確認します。
ついていない場合は、クリックしてチェックマークをつけます。
f0111950_16245590.gif


Firefoxで、上記の方法でも表示されない場合は、右クリックメニューの「カスタマイズ」を選択して、「初期設定に戻す」ボタンをクリックしてみてください。
f0111950_16244226.gif



●ツールバーの位置を変えたい

IE版
ブラウザのツールバーが表示されるエリアで右クリックして、メニューの「ツールバーを固定する」のチェックマークをはずします。
ツールバーの先頭をドラッグして移動します。
f0111950_16264638.gif


Firefox版
ブラウザのツールバーが表示されるエリアで右クリックして、メニューの「カスタマイズ」を選択します。
ドラッグ&ドロップでボタンを移動します。
f0111950_16262949.gif



●スクロールキャプチャがページの最後までできない

ツールバーのスクロールキャプチャ機能の切り取り上限サイズは5000ピクセルです。
5000ピクセルを超えるページを1枚の画像として切り取ることはできません。
無料版では5000ピクセルまで切り取ると終了しますが、PRO版では5000ピクセルごとに分割して保存します。
Firefoxではカーソルがウィンドウの外に移動するとキャプチャが停止するので、開始後はカーソルを動かさないようにしてください。

Capture It! PROのスクロールキャプチャ機能は切り取り上限サイズを自由に設定することができます。


●スクロールキャプチャを途中で止めたい

IE版
スクロールキャプチャボタンをクリックすると切り取りを停止します。

Firefox版
カーソルをウィンドウの外に移動すると切り取りを停止します。


●スクロールキャプチャを開始する位置を自分で決めたい

開始したい位置がウィンドウの頭にくるようにスクロールバーで調整して、スクロールキャプチャボタンをクリックします。
f0111950_16292449.gif


→ツールバーダウンロードページへ
→Capture It! PRO体験版ダウンロードページへ
[PR]
# by captureit | 2009-03-12 16:37 | 便利な使い方・ツールバー
いつも同じサイズにおさまる画像を作りたい(ブログ用画像)
仕事上のドキュメントやマニュアルの作成、ブログやSNSで使う画像など決まったサイズにおさまる画像が必要な機会はけっこう多いものです。キャプチャーイットプロは日常のそんなちょっとした作業をとても助けてくれます。まるごと一発ボタンの中の”ブログ用画像”がそれです。まるごと一発ボタンのダウンロードページから”ブログ用画像”をダウンロードしてキャプチャーイットプロにドロップしてみてください。
f0111950_17553783.jpg

キャプチャーイットで切り取った画像やキャプチャーイットのタブで開いたフォルダの画像の中から必要な画像を選んで”ブログ用画像”ボタンを押すと
f0111950_18698.jpg

最適化された画像が指定のフォルダ(初期は”C:¥CaptIt¥ブログ用画像”)に作成され、画像をおさめたフォルダがタブに開かれます。初期状態では800x800、500Kb以下となっていますので必要に応じて制限サイズを変更してください。
f0111950_18115043.jpg

ちなみに、私はこのブログ用の画像を作るのに480x480、500Kb以下の指定にカスタマイズして使っています。
指定サイズより小さい画像は拡大されますので必要に応じて使うようにしてくださいね。
アップロードの時には”ファイルパスのコピー”機能が便利ですよ!
みなさんもCapture It!PROでドキュメントやブログ用にガンガン画像を作ってくださいね。
[PR]
# by CaptureIt | 2009-03-05 18:18 | 便利な使い方Capture It!PRO
メニューを開いた状態のウィンドウをカーソルを含めて切り取る
主な用途はマニュアル作成になると思いますが、手順を画像で説明する際にカーソルを入れた
この状態がキャプチャできたら便利ですよね。
               ↓
f0111950_1116153.gif

Capture It! PROのスナップショットを使えばできますよ~。
メニューやボタンで切り取りを実行される方にはあまりなじみがないかもしれませんが、「ホットキー」を利用します。
ホットキーというのはキーボードのキーの組み合わせで実行するショートカットキーのことです。
みなさんがよく使うのは「Ctrl」+「C」キー(コピー)とか「Ctrl」+「V」キー(貼り付け)でしょうか。

では、手順を説明します。
1. スナップショットの初期モードを「カレントウィンドウ-全体」にします。
  初期モードを変更するには、
  [設定]メニューの[システム]を選択して[システム設定]ダイアログを表示します。
  [スナップショット]タブを選択します。
  [初期モード]のリストから[カレントウィンドウ-全体]を選択します。
f0111950_11223927.gif

2. カーソルを含めて切り取る設定をします。
  「1」で表示したスナップショットの設定タブにある[ポインタの取り込み]を[ポインタ]にします。
  [OK]ボタンをクリックして[システム設定]ダイアログを閉じます。

3. Capture It! PROを最小化します。
f0111950_11233578.gif
最小化しないといけないわけではありませんが、タスクバーに格納した方が画面がすっきりするので。
Capture It! PROのホットキーは最小化されていても使えます。

4. 切り取る対象を表示して、切り取りたい状態にします。
  <例>
  マイピクチャフォルダの[表示]メニューを開いて、[写真]にカーソルがある状態を切り取ってみましょう。
f0111950_1116153.gif


5. スナップショットのホットキーを押します。
  「Ctrl」キーを押しながら「F2」キーを押します。
  これで切り取りは完了です。

6. Capture It! PROを開いて確認します。

7. 切り取った画像を保存します。
  切り取った画像を選択して、保存ボタンをクリックします。
f0111950_1124532.gif

  [保存する場所]のリストから保存先を選択します。
  [ファイルの種類]のリストから保存形式を選択します。
  [保存]ボタンをクリックします。
  ([ファイル名の付け方]の[任意]を選択するとファイル名が自由につけられます。)

Capture It! PRO 体験版 ダウンロードページへ
[PR]
# by captureit | 2009-02-26 11:31 | 便利な使い方Capture It!PRO
キャプチャーイットツールバーの基本機能
今回は、キャプチャーイットツールバーの無料版、PRO版共通の機能についてご紹介したいと思います。
f0111950_1536273.jpg
1.キャプチャリング
キャプチャリングボタンをクリックするとブラウザ上に十字のガイドラインラインが表示されます。
その中心を切り取りを開始する場所に合わせマウスの左ボタンを押す。
ドラッグすると指定範囲が矩形で囲まれるので切り取りを完了したい部分でマウスのボタンを離すとキャプチャリングが完了。
キャプチャリング中にShiftキーを押すと現在の位置が拡大表示されるのでキャプチャリングの開始、終了点などを細かく指定した場合に便利です。
またキャプチャリングの開始、終了はEnterキー、キャプチャリング位置の移動は矢印キーでも可能です。マウスの右ボタンやEscキーなどでキャンセルできます。
以下のような画像が作れます。
f0111950_15403293.jpg
2.ブラウザ全体
ワンクリックでブラウザ本体を含んだ画像が切り取れます。
以下のような画像が作れます。
f0111950_15485772.jpg
※画像は縮小しています。
3.表示領域
ワンクリックでブラウザの表示領域のみが切り取れます。
以下のような画像が作れます。
f0111950_15505769.jpg
※画像は縮小しています。
4.スクロール・キャプチャ
ワンクリックでスクロールが必要なページ全体を切り取れます。詳細は以下の記事もご参照ください。
「ホームページの隠れているところもキャプチャ」
「スクロールキャプチャーの続き」

以下のような画像が作れます。
f0111950_15523643.jpg

※画像は縮小しています。
5.保存先を開く
切り取った画像を保存してあるフォルダを開きます。
以上、キャプチャーイットツールバーの基本機能を簡単にご紹介させていただきましたが無料版とPRO版の違いや詳しい説明は以下のページもぜひご一読ください。
「製品版キャプチャーイット!PROツールバーの詳細」
「キャプチャーイット!ツールバーの詳細」
「仕様比較(無料版/製品版)」

※お知らせ
今月初旬に予定されていたCapture It!PROツールバー Firefox版のバージョン2.7のリリースですが、開発中に技術的な問題が発生したためリリースを延期させていただくこととなりました。お待ちいただいていた皆様にはまことに申し訳ありませんが、スケジュールが確定次第お知らせいたしますので、ご了承ください。
[PR]
# by CaptureIt | 2009-02-18 16:04 | 便利な使い方・ツールバー
Yahoo! や Google の検索結果画面を画像で保存
何度かお知らせしましたが、PRO版ツールバーに新機能が追加されました。
今はIE版しかありませんが、近々Firefox版もリリースする予定です。

今回はこの新機能「スケジュールキャプチャ」について書こうと思います。
スケジュールキャプチャは「スケジュール」の名の通り、撮りたいページを指定時刻にスクロールキャプチャする機能です。
f0111950_1231889.gif

スケジュールの方法
f0111950_1245774.gif
1.スクロールキャプチャしたいページを表示します。
2. 「スケジュールキャプチャ」ボタンの横にある▼をクリックして、「スケジュール一覧」を選択します。
3. スケジュールキャプチャダイアログの「追加」ボタンをクリックします。
URL入力欄には現在表示されているページ(キャプチャしたいページ)のURLが入っています。
手動で設定するには、入力欄をクリックしてURLを選択し、新しいURLを入力します。
f0111950_1243136.gif

4.キャプチャ開始時刻を設定します。
5.追加ダイアログの「追加」ボタンをクリックします。
ダイアログにスケジュールが追加されました。
6.スケジュールのみ設定する場合は、スケジュールキャプチャダイアログの「閉じる」ボタンをクリックします。
スケジュールキャプチャを開始する場合は、スケジュールキャプチャダイアログの「実行」ボタンをクリックするか、ツールバーの「スケジュールキャプチャ」ボタンをクリックします。

これで、スケジュールキャプチャの設定は完了。
キャプチャする画像の用途に合わせて保存先やファイル形式を変更してくださいね。
保存先、ファイル形式は「設定」で変更できます。
f0111950_1262933.gif


さて、今回のタイトルにある「Yahoo! や Google の検索結果画面」のスケジュール方法ですが、
まず、検索したいキーワードで検索結果画面を表示します。
f0111950_127835.gif

あとは、上のスケジュール方法2番以降の手順でスケジュールすればOK。
検索結果画面をスケジュールすると、スケジュールキャプチャダイアログの「検索キー」欄にキーワードが表示されます。
f0111950_127577.gif

検索結果の順位はSEO対策ソフトを使えばわかりますが、プレゼンテーションや報告書類には、実際の検索画面を添付したい…そんなときに使ってみてください。

→キャプチャーイット!PROツールバー ダウンロードページ
[PR]
# by captureit | 2009-02-05 12:20 | 便利な使い方・ツールバー
サムネイル印刷
最近、写真を撮るのはすっかりデジカメや携帯が主流になりましたね。
全体的に手軽で、撮った写真はすぐその場で見られるし便利この上ないのですが、撮った写真を整理したりみんなで写真を選ぼうというときにやっぱり印刷したサムネイルが欲しくなったりします。
そんな時にもキャプチャー イットは便利に働いてくれます。前回もご紹介した「まるごと一発ボタン」の中にある「サムネイル印刷」をお試しください。
使い方は簡単!まず、キャプチャーイット!プロ ホームページから「サムネイル印刷」の「まるごと一発ボタン」をダウンロードし、コマンドツールバーにドロップすると「サムネイル印刷」ボタンが出来上がります。それから
1. プリンターに用紙をセットします。(最適用紙サイズはA4縦です)
2. Capture It! PROの「ファイル」メニューから「プリンタの設定」を選択して、用紙サイズ(A4)と印刷の向き(縦)を確認します。
3. 新しいタブの作成「新しいタブの作成」ボタンをクリックして画像が入っているフォルダを指定します。
4. タブに表示された画像の中からプリントしたい画像を選択します。
選択の方法
・すべての画像を選択…[Ctrl]+[A]キーを押す
・複数の画像を選択…[Ctrl]キーを押しながら画像をクリックする
・連続した画像を選択…最初の画像をクリックし、[Shift]キーを押しながら最後の画像をクリックする
5. コマンドバー「サムネイル印刷」ボタンをクリックします。
これだけでサムネイルの出来上がり。初期設定では6x8の48枚、設定枚数に達するまではプリントしません。
「まるごと一発ボタン」は通常のカスタムコマンドと同じ、キャプチャー イットのいろんな機能をカプセル化したものなので必要な枚数やレイアウトへのカスタマイズも簡単にできます。
Ctrlキーを押しながら「サムネイル印刷」ボタンクリック。さらにレイアウトの「詳細設定」をクリックして中身を変更してください。
f0111950_13282887.jpg

私はグループで撮った写真を次に集まった時にサムネイルで見せて焼き増し枚数をそのまま書き込んでなんてことに活用しています。けっこう便利ですよ。
ちなみに、今回載せている画像は「まるごと一発ボタン」の「ブログ画像」で作りました。これもまた便利です。

さて、ここでちょっとお知らせです。プロバージョンのツールバーに新機能が追加されます!詳細は別に掲載しますが、ツールバーで撮りためた画像の整理にも「サムネイル印刷」は威力を発揮すると思いますよ。
[PR]
# by CaptureIt | 2009-01-29 12:16 | 便利な使い方Capture It!PRO
デジカメで撮った縦長画像を縦に表示する
Capture It! PROを、パソコン画面を切り取るのに使うことが多いと思いますが、画像の加工(拡大、縮小、回転など)を複数の画像に対して一括でできる機能もあります。
さらに、あらかじめ作業の手順を指定して、ボタンクリックやキーボード操作で実行できるのが「コマンド」機能です。

f0111950_1348245.gif

バージョン4.0.0.1以降では初期状態でいくつか用意されていますが、その他にもキャプチャーイット!プロ ホームページからダウンロードできるコマンド「まるごと一発ボタン」があります。

今日は、その中から「右90度回転」を紹介したいと思います。
デジカメで撮った縦長の画像ってパソコンで見ると横向きになってますよね。これを正位置で見られるように画像を回転させるコマンドです。
f0111950_13501733.gif

デジカメ内の画像をCapture It! PROに読み込んで、縦長画像を選択(複数選択可)、「右90度回転」ボタンをクリックすれば正位置になります。

画像の頭が右を向いている場合は、コマンド編集ダイアログを開いて「90°反時計方向回転」にしてください。
「右90度回転」ボタンの上で右クリックしてメニューから「コマンド編集」を選択するとダイアログが表示されます。
「コマンドセット(詳細)」リストの中の「90度回転」を選択して、「コマンドの編集」ボタンをクリックすると、回転方法を選択できるダイアログが表示されます。
f0111950_13593546.gif

ダウンロードしたコマンドはコマンドツールバーへドラッグ&ドロップするだけですぐに使えます。試してみてくださいね。
[PR]
# by captureit | 2009-01-22 14:01 | 便利な使い方Capture It!PRO
保存先とファイルフォーマットの変更
今回も無料版と製品版の機能の違いについてご紹介したいと思います。

無料版ではファイルフォーマットはJpeg固定、保存先変更は不可になっていますが、製品版ではこの部分も設定変更が可能になっています。

製品版ツールバーの”設定”ボタンを押すとこのブログで何度か紹介している”設定ダイアログ”が表示されます。
保存先は自由に設定できますので用途に合わせて変更してください。ただし、Windowsを管理者権限以外で起動している場合、アプリケーションからの書き込みができない場所もありますのでご注意ください。設定を変更したら一度キャプチャリングでもして確認してくださいね。

ファイルフォーマットの変更はドロップダウンリストからファイルの種類を変更するだけ、実に簡単です。
Bmp、2bp、RLE、Jpeg、GIF、Png、TIFFの7種類のフォーマットから選べます。

f0111950_17342486.jpg


さらに、オプション設定が可能なフォーマットの場合、サイズや画質などのオプションの設定も可能です。
f0111950_1738242.jpg
たとえば、Jpegの場合、こんな設定が可能です。


非常に基本的な部分ですが、日常使うツールとして保存先を決められたり、用途や好みに合わせて画像フォーマットを変換する手間を省いてくれるとても便利な機能です。

今月末あたりに、いよいよ製品版ツールバーがマイナーバージョンアップされます。その便利な新機能についてはまた近日中にご紹介したいと思います。
[PR]
# by CaptureIt | 2009-01-15 17:45 | 便利な使い方・ツールバー


カテゴリ
全体
新着情報
機能紹介
便利な使い方Capture It!PRO
便利な使い方・ツールバー
その他
Twitter
以前の記事
2011年 05月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 02月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
キャプチャーイット!ツー..
from 四次元世界
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧