Windows用画面キャプチャリングツールCapture It!PROとCapture It!ツールバーに関する情報や活用術をお伝えします。


by CaptureIt
カテゴリ:便利な使い方Capture It!PRO( 14 )
再トリミング
Capture It! PRO で切り取った画像の一部をさらに切り取りたいときってありませんか?
もう一度同じ画面を表示して切り取るという方法もありますが、今回は切り取った画像を再表示してトリミングする方法を2種類ご紹介します。


〜ポップアップ表示にしてトリミング〜

Capture It! PRO に取り込んだ画像はダブルクリック(または右クリックメニューのポップアップを選択)すると実サイズでポップアップ表示されます。
このポップアップした画像をトリミングします。

1. [設定]メニューの[システム]を選択して「システム設定」ダイアログを表示します。
2. [全般]タブの「キャプチャリング時にポップアップピクチャを隠す」のチェックマークを外します。
3. [OK]ボタンをクリックして「システム設定」ダイアログを閉じます。
f0111950_16223698.gif

4. トリミングしたい画像をダブルクリックしてポップアップ表示します。
5. 通常のキャプチャリングと同じように、Capture It! PRO のキャプチャリングボタンをクリックしてポップアップ表示された画像を切り取ります。
f0111950_16232328.gif

切り取った画像が「Capture It! データ」に追加されます。


〜コマンドセットの追加処理を利用してトリミング〜

コマンドセットとは、「取り込み」、「加工」、「出力」処理を記録したカスタムコマンドを組み合わせて一括処理できるようにする機能です。
このコマンドセットの追加処理に「画像をコマンドにドロップした場合、プレビューを表示してトリミングを行う」という機能があります。
これの良いところはプレビュー画面内で何度でもやり直しができるところです。

まず、トリミング用のコマンドセットを作成します。
1. [設定]メニューの[コマンドセット作成]を選択して「コマンドセット作成」ダイアログを表示します。
2. [カスタムコマンド]から「キャプチャリング-ウィンドウ」を選択して[追加]ボタンをクリックします。
3. [追加処理]の「画像をコマンドにドロップした場合、プレビューを表示してトリミングを行う」にチェックマークを付けます。
4. コマンド名を入力して[OK]ボタンをクリックします。
f0111950_1623388.gif

5. トリミングしたい画像を作成したコマンドボタンにドラッグ&ドロップします。
f0111950_16241710.gif

6. プレビューウィンドウで切り取る範囲を決定します。やり直したい場合は、画像が表示されているウィンドウ内をクリックして囲み線を削除してください。
7. トリミング範囲が決まったら[実行]ボタンをクリックします。
f0111950_16243721.gif

切り取った画像が「Capture It! データ」に追加されます。

お試しください。

Capture It! PRO 体験版 ダウンロードページへ
[PR]
by captureit | 2009-10-01 16:32 | 便利な使い方Capture It!PRO
コピー&ペースト
キャプチャーイットを利用されている方で、
プレゼン資料などを作成する場合は
 「ツールバーでブラウザ画面を切り取って、保存された画像ファイルをPowerPointに貼り付けて…」
という使い方が大半でしょうか。

資料用の素材がインターネットに限らない場合や、PowerPointに画像ファイルを読み込む作業をもう少し簡単にするのにCapture It! PRO は役立ちます。
Capture It! PROは、ブラウザ画面はもちろん、アプリケーションソフトなどパソコン上に表示されるものなら切り取れます。(一部動画を除く)

キーボードの操作(コピー&ペースト)で画像をCapture It! PROからPowerPointに読み込む
1. Capture It! PRO のタブ(「Capture It! データ」または自分で作成したタブ)に表示されている画像を選択します。
f0111950_15361632.gif

2. キーボードの[Ctrl]+[C]キーを押して画像をコピーします。
3. PowerPointのスライド上でキーボードの[Ctrl]+[V]キーを押して画像を貼り付けます。

画像のファイルパスをコピー
Capture It! PRO でコピーできるものをもうひとつ。
Capture It! PRO に読み込まれている画像のファイルパス(画像が保存されてる場所)をコピーすることができます。
1. Capture It! PRO のタブ(「Capture It! データ」または自分で作成したタブ)に表示されている画像を選択します。
2. キーボードの[Ctrl]+[T]キーを押します。
3. [Ctrl]+[V]キーを押して、メモ帳やメールの本文に貼り付けます。
例↓
C:¥Documents and Settings¥xxxxxx¥My Documents¥My Pictures¥CaptIt¥Ci090108105941.jpg
f0111950_15364652.gif


Capture It! PRO 体験版 ダウンロードページへ
[PR]
by captureit | 2009-08-14 15:45 | 便利な使い方Capture It!PRO
タブを活用
みなさん、Capture It! PRO のタブは利用してますか?
「Capture It! データ」しか使ったことがない?
Capture It! PROのタブはハードディスクのフォルダとリンクしています。
サムネイル(4サイズ)、全体、実サイズ、リスト、ポップアップ表示が可能です。
タブのクリックでフォルダを切り替えるので比較しながら簡単に閲覧でき、イメージを確認しながらコピー、移動、削除が行なえます。
ぜひご利用ください。

キャプチャした画像を管理する
キャプチャリングして溜まったデータを整理しましょう。
用途別でも日付ごとでもなんでもいいので自分の目的に合わせてタブを作成して「Capture It! データ」にある画像をコピー、または移動します。

タブを作成する
1. タブ領域の「新しいタブを作成する」ボタンをクリックします。
f0111950_16444092.gif

2. 「参照」ボタンをクリックしてタブとリンクさせるフォルダを指定、または新規に作成します。
f0111950_1645959.gif


データをコピー、移動する
コピーする場合は、サムネイル画像をタブにドラッグします。
移動する場合は、[Ctrl]キーを押しながらサムネイル画像をタブにドラッグします。
f0111950_16453765.gif


タブに表示されている画像を削除するとリンクしているフォルダからも削除されます。
タブを削除した場合はリンクしているフォルダも削除されます。
フォルダを削除したくない場合は、タブを閉じてください。
f0111950_1646442.gif


デジカメデータを管理する
イベントごとに整理するのはもちろん、傑作集なんて作るのもいいですね。
プリントするときなどは、プリントアウトするものだけを別のタブにコピーして、このタブごとプリントしてしまえばいちいち選択しながらプリントする手間が省けます。
プリントが終わったあとはタブごと削除すればハードディスクにデータも残りません。

いろいろと活用してみてくださいね〜。

Capture It! PRO 体験版 ダウンロードページへ
[PR]
by captureit | 2009-07-23 16:48 | 便利な使い方Capture It!PRO
デジタルフォトフレーム用に画像をトリミング
みなさんはデジタルフォトフレームをお持ちですか?
デジカメのメモリーカードを差すだけで表示できるのが手軽でいいですよね。
写真は撮ったもののプリントするのも整理するのも面倒、という人には写真を有効活用できていいかも…。(お、私のこと?)

さて、このデジタルフォトフレーム、画面の縦横比が4:3のものと15:9のものがあります。
で、デジカメのデータは4:3が多いです。
ということは15:9のフレームに表示した場合、横に余白ができるか縦が切られるかしてしまうわけで、自分で表示位置を決めたい場合のCapture It! PROでのトリミング方法をご紹介します。

トリミング後の写真データを入れるメモリーカードを用意しておいてくださいね。
そのまま使えるようにフォトフレーム用のメモリーカードを1つ用意するといいと思います。
フォトフレームの画素数をいくつか一覧にしたので、参考にしてください。

まず、カードリーダーやデジカメ本体とパソコンをつないでパソコンに写真データを表示できるようにします。

1. トリミングしたい写真データを表示して、Capture It! PROの[実行]メニューの[キャプチャリング]から[矩形(ズーム)]を選択します。
f0111950_1538518.gif

2. コントロールダイアログの[サイズ]にフォトフレームの画素数を入力して[適用]ボタンをクリックします。
f0111950_15384513.gif

3. キャプチャリングウィンドウを写真データの上に移動して位置を調整します。
マウスホイールまたはコントロールダイアログの[ズーム]で、ウィンドウ内を拡大縮小することもできます。
(マウスホイールの下方向が拡大、上方向が縮小になります。)
f0111950_15391048.jpg

4. [切り取り]ボタンをクリックします。

すべての写真データをトリミングし終わったらメモリーカードに保存します。

1. [Capture It! データ]から保存したいデータを選択します。
(すべて選択する場合は、キーボードの[Ctrl+A]キーを押します。)
f0111950_15393766.gif

2. [ファイル]メニューの[保存]を選択します。
3. [保存する場所]をメモリーカードにして、[ファイルの種類]をJPEGにします。
4. [保存]ボタンをクリックします。
f0111950_1540816.gif


LGエレクトロニクス F1040N 800×600
グリーンハウス GHV-DF7C 480×234
ゾックス DS-DA851 480×234
ゾックス DS-DA85N100 480×234
SONY DPF-A72 480×234
SONY DPF-D72 800×480
SONY DPF-V900 800×480
SONY DPF-X800 800×480
SONY DPF-X1000 1024×600
トランセンド PF810 TS2GPF810B 800×600
トランセンド PF810 TS2GPF810K 800×600
トランセンド T.photo 710C TS1GPF710C 480×234
トランセンド T.photo 720 TS2GPF720K 800×480
DreamMaker DMF080WA 800×600
DreamMaker DMF080WS 800×600
DreamMaker DMF150WA 1024×768
富士フイルム DP-70SH 800×480

Capture It! PRO体験版ダウンロードページへ
[PR]
by captureit | 2009-07-09 15:46 | 便利な使い方Capture It!PRO
指定時間に自動で画面コピーをして印刷する
今回は、Capture It! PROのスケジュールスナップショットで取り込んだ画面をまとめて印刷する方法をご紹介します。

たとえば、こんな測定画面。
f0111950_16144464.gif

業務時間外の結果をまとめて印刷してチェックできると便利です。
↓プリントイメージ

f0111950_16152018.gif


まず、画面コピーの実行時間をスケジュールします。
18:00から翌日の08:00まで、1時間ごとに測定画面のみを画面コピーするとします。

手順
1.「スケジュールスナップショット」ボタンの横にある▼をクリックして「スケジュール一覧」ダイアログを表示します。
f0111950_16321835.gif

2.「追加」ボタンをクリックします。
3.開始時刻を指定して、スナップショットの種類を「カレントウィンドウ-クライアント」にして「追加」ボタンをクリックします。
f0111950_16163459.gif

4.2〜3の手順で画面コピーの実行時間をスケジュールして、「実行」ボタンをクリックします。
f0111950_1617395.gif

あとは、測定画面を最前面して、Capture It! PROを最小化しておけば準備OKです。

では、印刷してみましょう。
1枚の用紙に配置できる画像数は1〜64個です。
6画像配置するとします。

手順
1.「印刷レイアウト設定」ボタンをクリックして「印刷レイアウト設定」ダイアログを表示します。
f0111950_16173852.gif

2.「レイアウト」をクリックして「6分割」を選択します。(リストにない数にしたい場合はカスタムを選択します。)
3.「詳細設定」ボタンをクリックして「印刷レイアウト-詳細設定」ダイアログを表示します。
f0111950_16183169.gif

4.上のプリントイメージのようにするには、「その他」タブをクリックして「枠線を印刷する」と「ピクチャ名を印刷する」にチェックマークをつけます。
5.「OK」ボタンをクリックして「印刷レイアウト-詳細設定」ダイアログを閉じます。
f0111950_161975.gif

6.「印刷レイアウト設定」の「OK」ボタンをクリックします。
7.印刷する画像を選択します。
f0111950_1619313.gif

8.「印刷」ボタンをクリックして「印刷」ダイアログを表示します。
f0111950_16195639.gif

9.「OK」ボタンをクリックします。
6画像配置するレイアウトで15画像選択したので、3枚印刷されます。
15画像を1枚にまとめるとこうなります。↓
f0111950_16211588.gif


【補足 印刷される画像名を変更するには】
画面コピーした画像は「Picture****」という名前がついています。
f0111950_16215420.gif

これを保存することで画像名を変更します。
今回のように自動で画面コピーをする場合は、自動保存にしておくと便利です。

手順
1.「設定」メニューの「システム」を選択します。
2.「ファイル」タブをクリックして「自動保存を行なう」にチェックマークをつけます。
3.保存先とファイルの種類を指定します。
4.保存ファイル名を4つの中から選択します。今回のプリントイメージは「ファイル作成日時から自動生成」を選択しました。
「自動保存名を決める」を選択すると「自動保存名:」に入力されている文字+「カウンター初期値:」の数字(4桁)から連番でファイル名をつけます。
下の画像を例にすると「CAPT0001.jpg」「CAPT0002.jpg」…というファイル名になります。
f0111950_16222317.gif


Capture It! PRO Version4.2 先行公開版(体験版)ダウンロードページへ
[PR]
by captureit | 2009-05-28 16:42 | 便利な使い方Capture It!PRO
ズームキャプチャー
今回のバージョンアップで追加された機能“ズームキャプチャー”ですが、長年キャプチャーイットをご愛用いただいているユーザーの方からいただいたご意見から実装しました。
その方は仕事上で必要な報告書の作成などにキャプチャーイットご利用いただいていて“キャプチャーイットを使うとリアルタイムに直接画面が切り取れるので報告に説得力を持たせられる”と喜んでいただいていたのですが報告書のフォーマットで画像のサイズが決まっているから、いつもそのサイズに合わせるために後からサイズの変更やトリミングをかける必要がありました。そこで“直接決まったサイズになるようにズームできれば手間がはぶけるし、失敗も無い”ズームキャプチャー機能を追加することになりました。
たとえば
f0111950_512816.jpg

こんなバナーをホームページに追加した結果
f0111950_5131470.jpg

のようにアクセスが増加したことを報告する報告書に添付する画像が一発できっちり必要なサイズに切り取れるようになりました。
f0111950_5205197.jpg


みなさんのご意見でもう一段ブラッシュアップできればと思っていますので、ズームキャプチャー機能、ぜひお試しください。
[PR]
by captureit | 2009-05-25 05:26 | 便利な使い方Capture It!PRO
写真をまとめて変換
デジカメで撮った写真を閲覧するときに、縦長に撮った写真が横向きになっていて見づらいことがありますよね。
写真の中から向きを直したいものを選択していっぺんに変換する便利な機能がCapture It! PROにはあります。

また、ブログやサムネイル印刷用に写真サイズをそろえることもできます。

変換方法
〜準備〜
1.はじめに、写真をCapture It! PROに読み込みます。
f0111950_18242063.gif

「新しいタブの作成」ボタンをクリックして、写真が入っているフォルダを指定します。

2.「OK」ボタンをクリックすると写真が読み込まれます。


〜写真の向きを変えるには〜
1.向きを直したい写真を[Ctrl]キーを押しながらクリックします。
連続した写真を選択するには、最初の写真をクリックした後、[Shift]キーを押しながら最後の写真をクリックします。
すべての写真を選択するには、[Ctrl]キーを押しながら[A]キーを押します。

2.「画像加工」メニューの「回転」から回転方向を選択します。
f0111950_1832717.gif

これで、向きの変更は完了です。


〜写真のサイズを変えるには〜
1.サイズを変更したい写真を[Ctrl]キーを押しながらクリックします。
連続した写真を選択するには、最初の写真をクリックした後、[Shift]キーを押しながら最後の写真をクリックします。
すべての写真を選択するには、[Ctrl]キーを押しながら[A]キーを押します。

2.「画像加工」メニューの「サイズ変更」を選択します。

3.「サイズで指定」「比率で指定」のどちらかを選択して、数値を入力します。

4.「OK」ボタンをクリックします。
f0111950_1828167.gif

これで、サイズの変更は完了です。


Capture It! PROと同じ機能を30日間利用できる 体験版ダウンロードページへ
[PR]
by captureit | 2009-04-09 18:37 | 便利な使い方Capture It!PRO
いつも同じサイズにおさまる画像を作りたい(ブログ用画像)
仕事上のドキュメントやマニュアルの作成、ブログやSNSで使う画像など決まったサイズにおさまる画像が必要な機会はけっこう多いものです。キャプチャーイットプロは日常のそんなちょっとした作業をとても助けてくれます。まるごと一発ボタンの中の”ブログ用画像”がそれです。まるごと一発ボタンのダウンロードページから”ブログ用画像”をダウンロードしてキャプチャーイットプロにドロップしてみてください。
f0111950_17553783.jpg

キャプチャーイットで切り取った画像やキャプチャーイットのタブで開いたフォルダの画像の中から必要な画像を選んで”ブログ用画像”ボタンを押すと
f0111950_18698.jpg

最適化された画像が指定のフォルダ(初期は”C:¥CaptIt¥ブログ用画像”)に作成され、画像をおさめたフォルダがタブに開かれます。初期状態では800x800、500Kb以下となっていますので必要に応じて制限サイズを変更してください。
f0111950_18115043.jpg

ちなみに、私はこのブログ用の画像を作るのに480x480、500Kb以下の指定にカスタマイズして使っています。
指定サイズより小さい画像は拡大されますので必要に応じて使うようにしてくださいね。
アップロードの時には”ファイルパスのコピー”機能が便利ですよ!
みなさんもCapture It!PROでドキュメントやブログ用にガンガン画像を作ってくださいね。
[PR]
by CaptureIt | 2009-03-05 18:18 | 便利な使い方Capture It!PRO
メニューを開いた状態のウィンドウをカーソルを含めて切り取る
主な用途はマニュアル作成になると思いますが、手順を画像で説明する際にカーソルを入れた
この状態がキャプチャできたら便利ですよね。
               ↓
f0111950_1116153.gif

Capture It! PROのスナップショットを使えばできますよ~。
メニューやボタンで切り取りを実行される方にはあまりなじみがないかもしれませんが、「ホットキー」を利用します。
ホットキーというのはキーボードのキーの組み合わせで実行するショートカットキーのことです。
みなさんがよく使うのは「Ctrl」+「C」キー(コピー)とか「Ctrl」+「V」キー(貼り付け)でしょうか。

では、手順を説明します。
1. スナップショットの初期モードを「カレントウィンドウ-全体」にします。
  初期モードを変更するには、
  [設定]メニューの[システム]を選択して[システム設定]ダイアログを表示します。
  [スナップショット]タブを選択します。
  [初期モード]のリストから[カレントウィンドウ-全体]を選択します。
f0111950_11223927.gif

2. カーソルを含めて切り取る設定をします。
  「1」で表示したスナップショットの設定タブにある[ポインタの取り込み]を[ポインタ]にします。
  [OK]ボタンをクリックして[システム設定]ダイアログを閉じます。

3. Capture It! PROを最小化します。
f0111950_11233578.gif
最小化しないといけないわけではありませんが、タスクバーに格納した方が画面がすっきりするので。
Capture It! PROのホットキーは最小化されていても使えます。

4. 切り取る対象を表示して、切り取りたい状態にします。
  <例>
  マイピクチャフォルダの[表示]メニューを開いて、[写真]にカーソルがある状態を切り取ってみましょう。
f0111950_1116153.gif


5. スナップショットのホットキーを押します。
  「Ctrl」キーを押しながら「F2」キーを押します。
  これで切り取りは完了です。

6. Capture It! PROを開いて確認します。

7. 切り取った画像を保存します。
  切り取った画像を選択して、保存ボタンをクリックします。
f0111950_1124532.gif

  [保存する場所]のリストから保存先を選択します。
  [ファイルの種類]のリストから保存形式を選択します。
  [保存]ボタンをクリックします。
  ([ファイル名の付け方]の[任意]を選択するとファイル名が自由につけられます。)

Capture It! PRO 体験版 ダウンロードページへ
[PR]
by captureit | 2009-02-26 11:31 | 便利な使い方Capture It!PRO
サムネイル印刷
最近、写真を撮るのはすっかりデジカメや携帯が主流になりましたね。
全体的に手軽で、撮った写真はすぐその場で見られるし便利この上ないのですが、撮った写真を整理したりみんなで写真を選ぼうというときにやっぱり印刷したサムネイルが欲しくなったりします。
そんな時にもキャプチャー イットは便利に働いてくれます。前回もご紹介した「まるごと一発ボタン」の中にある「サムネイル印刷」をお試しください。
使い方は簡単!まず、キャプチャーイット!プロ ホームページから「サムネイル印刷」の「まるごと一発ボタン」をダウンロードし、コマンドツールバーにドロップすると「サムネイル印刷」ボタンが出来上がります。それから
1. プリンターに用紙をセットします。(最適用紙サイズはA4縦です)
2. Capture It! PROの「ファイル」メニューから「プリンタの設定」を選択して、用紙サイズ(A4)と印刷の向き(縦)を確認します。
3. 新しいタブの作成「新しいタブの作成」ボタンをクリックして画像が入っているフォルダを指定します。
4. タブに表示された画像の中からプリントしたい画像を選択します。
選択の方法
・すべての画像を選択…[Ctrl]+[A]キーを押す
・複数の画像を選択…[Ctrl]キーを押しながら画像をクリックする
・連続した画像を選択…最初の画像をクリックし、[Shift]キーを押しながら最後の画像をクリックする
5. コマンドバー「サムネイル印刷」ボタンをクリックします。
これだけでサムネイルの出来上がり。初期設定では6x8の48枚、設定枚数に達するまではプリントしません。
「まるごと一発ボタン」は通常のカスタムコマンドと同じ、キャプチャー イットのいろんな機能をカプセル化したものなので必要な枚数やレイアウトへのカスタマイズも簡単にできます。
Ctrlキーを押しながら「サムネイル印刷」ボタンクリック。さらにレイアウトの「詳細設定」をクリックして中身を変更してください。
f0111950_13282887.jpg

私はグループで撮った写真を次に集まった時にサムネイルで見せて焼き増し枚数をそのまま書き込んでなんてことに活用しています。けっこう便利ですよ。
ちなみに、今回載せている画像は「まるごと一発ボタン」の「ブログ画像」で作りました。これもまた便利です。

さて、ここでちょっとお知らせです。プロバージョンのツールバーに新機能が追加されます!詳細は別に掲載しますが、ツールバーで撮りためた画像の整理にも「サムネイル印刷」は威力を発揮すると思いますよ。
[PR]
by CaptureIt | 2009-01-29 12:16 | 便利な使い方Capture It!PRO


カテゴリ
全体
新着情報
機能紹介
便利な使い方Capture It!PRO
便利な使い方・ツールバー
その他
Twitter
以前の記事
2011年 05月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 02月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
キャプチャーイット!ツー..
from 四次元世界
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧