Windows用画面キャプチャリングツールCapture It!PROとCapture It!ツールバーに関する情報や活用術をお伝えします。


by CaptureIt
再トリミング
Capture It! PRO で切り取った画像の一部をさらに切り取りたいときってありませんか?
もう一度同じ画面を表示して切り取るという方法もありますが、今回は切り取った画像を再表示してトリミングする方法を2種類ご紹介します。


〜ポップアップ表示にしてトリミング〜

Capture It! PRO に取り込んだ画像はダブルクリック(または右クリックメニューのポップアップを選択)すると実サイズでポップアップ表示されます。
このポップアップした画像をトリミングします。

1. [設定]メニューの[システム]を選択して「システム設定」ダイアログを表示します。
2. [全般]タブの「キャプチャリング時にポップアップピクチャを隠す」のチェックマークを外します。
3. [OK]ボタンをクリックして「システム設定」ダイアログを閉じます。
f0111950_16223698.gif

4. トリミングしたい画像をダブルクリックしてポップアップ表示します。
5. 通常のキャプチャリングと同じように、Capture It! PRO のキャプチャリングボタンをクリックしてポップアップ表示された画像を切り取ります。
f0111950_16232328.gif

切り取った画像が「Capture It! データ」に追加されます。


〜コマンドセットの追加処理を利用してトリミング〜

コマンドセットとは、「取り込み」、「加工」、「出力」処理を記録したカスタムコマンドを組み合わせて一括処理できるようにする機能です。
このコマンドセットの追加処理に「画像をコマンドにドロップした場合、プレビューを表示してトリミングを行う」という機能があります。
これの良いところはプレビュー画面内で何度でもやり直しができるところです。

まず、トリミング用のコマンドセットを作成します。
1. [設定]メニューの[コマンドセット作成]を選択して「コマンドセット作成」ダイアログを表示します。
2. [カスタムコマンド]から「キャプチャリング-ウィンドウ」を選択して[追加]ボタンをクリックします。
3. [追加処理]の「画像をコマンドにドロップした場合、プレビューを表示してトリミングを行う」にチェックマークを付けます。
4. コマンド名を入力して[OK]ボタンをクリックします。
f0111950_1623388.gif

5. トリミングしたい画像を作成したコマンドボタンにドラッグ&ドロップします。
f0111950_16241710.gif

6. プレビューウィンドウで切り取る範囲を決定します。やり直したい場合は、画像が表示されているウィンドウ内をクリックして囲み線を削除してください。
7. トリミング範囲が決まったら[実行]ボタンをクリックします。
f0111950_16243721.gif

切り取った画像が「Capture It! データ」に追加されます。

お試しください。

Capture It! PRO 体験版 ダウンロードページへ
[PR]
by captureit | 2009-10-01 16:32 | 便利な使い方Capture It!PRO
<< Windows7対応について Capture It!PRO ... >>


カテゴリ
全体
新着情報
機能紹介
便利な使い方Capture It!PRO
便利な使い方・ツールバー
その他
Twitter
以前の記事
2011年 05月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 02月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
キャプチャーイット!ツー..
from 四次元世界
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧